【未解決事件】大田区矢口3丁目老女殺人事件

【大田区矢口3丁目老女殺人事件】

 

大田区矢口3丁目老女殺人事件は、2009年(平成21年)に東京都大田区で発生した殺人事件である。

2009年8月29日午前9時49分頃、東京都大田区矢口3丁目22番所在の一戸建て住宅に住んでいた不動産賃貸業の瓜生スエ(うりゅう すえ)さん(当時84歳)が、自宅で死亡しているのが発見された。

発見したのは訪ねてきた近所に住む親族の女性(当時58歳)で、瓜生さんが首に布のようなものを巻かれた状態で死んでいるのを発見し、110番通報した。

発見時、瓜生さんは上半身裸で、下半身は部屋着を着た状態で、和室の敷き布団の上でうつぶせで倒れていた。

目立った外傷はなかったが、別の布団の一部が足に掛かっており、遺体の状況から死後2日くらいが経過していると見られる。

また、布は首の後ろで縛られていた事から、背後から首を絞められた可能性がある事が判明した。

 

瓜生さんは1人暮らしで、自宅近くに貸駐車場などを所有する資産家だった。

駐車場を借りている人は、締め切りの月末に賃料を現金で瓜生さんに渡す人が多かった。

第一発見者の親族の女性が瓜生さんを最後に見かけたのは27日の午前中で、その時は自宅の敷地内で瓜生さんと立ち話をしたという。

 

近所に住む男性が事件当日、瓜生さん宅を訪ねたが、応答がなかったため親族の女性を呼びに行った。

瓜生さん宅の出入り口にはカギが付いておらず、在宅時は内側から突っかい棒をして外から開けられないようにしていたため、開け閉めが可能だった勝手口から入ったという。

室内は、タンスの引き出しが複数抜かれ、畳の上に重ねて置いてあった。

捜査本部は、犯人が瓜生さんを殺害後、勝手口から逃げたと見ており、家に賃貸収入で得た現金がある事を知っていた人物が犯行に及んだ可能性も視野に入れ捜査している。

 

事件発生から1年が経過した2010年8月30日、捜査本部は現場に残された靴跡と同じ型の靴底を公開した。

捜査本部によると、現場に残されていた靴跡は1種類で、瓜生さんが殺害された和室と、隣にある和室から十数個見つかっている。

足のサイズは約25cmで中国製、M字状の形が並び、かかと部分にはエアクッションが入っている。

この靴は、2002年頃から量販店などで1,500~2,000円で販売され、全国で約30万足が流通しており、複数のメーカーで50種類以上が生産されていた。

 

未だ犯人は逮捕されておらず、池上警察署は現場付近で、

・言い争う声を聞いた

・被害者宅に出入りしていた人を見た

・付近を走っている不審人物を見た

・付近に駐車していた不審車両を見た

などの情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

警視庁 池上警察署

「矢口三丁目住宅内老女殺人事件」特別捜査本部

電話:03-3755-0110(署代表)

 

「現場の地図」

大田区矢口3丁目老女殺人事件の現場地図
出典:池上警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です