【未解決事件】桜川市岩瀬身元不明女性死体遺棄・損壊事件

【桜川市岩瀬身元不明女性死体遺棄・損壊事件】

 

桜川市岩瀬身元不明女性死体遺棄・損壊事件は、2006年(平成18年)に茨城県桜川市で発生した死体遺棄・損壊事件である。

2006年9月24日午前6時頃、茨城県桜川市岩瀬にある同市岩瀬体育館から北東に約200m入った山道上で、女性の焼死体が発見された。

発見したのは山道を散歩していた同市内に住む無職の男性で、この男性が「焼死体らしきものを見つけた。」と桜川署に通報した。

そして、駆け付けた同署員が焼死体が1体ある事を確認した。

遺体が発見された山道付近は、雑木林に囲まれており、普段人通りは少ないという。

遺体は布団と透明のビニール、青いビニールシートで3重にくるまれ、油のようなものを掛けて死後に燃やされた可能性が高い事が判明した。

首に損傷が見られたが、遺体の炭化が激しいため死因は不明となっている。

その後、遺体の頭蓋骨などをもとに復元した女性の顔が公開されたが、未だ身元は分かっておらず、桜川警察署は女性の身元や、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

桜川警察署 準捜査本部

直通フリーダイヤル:0120-300-942

桜川警察署

電話:0296-55-0110

茨城県警察本部 捜査第一課

電話:029-301-0110

 

「身元不明女性の情報」

・性別:女性

・年齢:25~50歳代前半くらい

・身長:170cmくらい

・血液型:O型

・髪型など:黒髪で長さが約40cm

・体の特徴:歯に治療痕あり

 

・歯型のレントゲン

桜川市岩瀬身元不明女性死体遺棄・損壊事件の被害者の歯のレントゲン図
出典:桜川警察署

 

・桜川署が作成したチラシ

桜川市岩瀬身元不明女性死体遺棄・損壊事件のチラシ
出典:桜川警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です