【未解決事件】札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件

【札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件】

 

札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件は、2000年(平成12年)に北海道札幌市で発生した強盗殺人事件である。

2000年10月5日午前3時55分頃、北海道札幌市豊平区豊平1条1丁目の路上に停車している札幌交通のタクシーが発見され、タクシー内から同交通運転手の斉藤健一さん(当時59歳)が、運転席で左胸に小型ナイフ(ペティナイフ)が突き刺さった状態で発見され、車内にあった納金バッグと運転日報がなくなっていた。

斉藤さんは、シートベルトを締めたままで、タクシーは左側後ろのドアが開き、ハザードランプが点滅した状態になっていた。

豊平警察署の調べによると、斉藤さんは午前3時26分頃、最後の客を現場の北側にある国道12号線で乗せ、約5分後に降ろしていた事が分かった。

同署は、この最後の客が犯人の可能性があると見ており、犯行時刻は午前3時26分頃から発見される午前3時55分頃までの間と見られている。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、豊平警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

札幌方面豊平警察署

電話:011-813-0110

 

「10月5日の事件の経過」

・午前3時26分頃

犯人と見られる最後の客を国道12号線で乗せる。

 

・午前3時31分頃

犯人と見られる男を降ろしたと思われる。

 

・午前3時55分頃

札幌市豊平区豊平1条1丁目の路上で、タクシーと斉藤さんの遺体が発見される。

 

「最後の客の乗車場所と遺体発見現場の地図」

札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件の最後の客の乗車場所と発見現場の地図
出典:豊平警察署

 

「盗まれた納金バッグと同型の納金バッグ写真」

札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件で盗まれた納金バッグと同型の納金バッグの写真
出典:豊平警察署

 

「被害車両と同型のタクシー写真」

札幌市豊平区タクシー運転手強盗殺人事件の被害車両と同型のタクシー写真
出典:豊平警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です