【未解決事件】世田谷区新町2丁目新築工事現場内女性殺人事件

【世田谷区新町2丁目新築工事現場内女性殺人事件】

 

世田谷区新町2丁目新築工事現場内女性殺人事件は、1999年(平成11年)に東京都世田谷区で発生した殺人事件である。

1999年7月12日午前7時40分頃、東京都世田谷区新町2丁目の新築工事現場内で、若い女性の半裸体になった遺体が発見された。

女性の首には絞められた跡があり、両手首は刃物で切られ、血だらけの状態になっており、遺体の上には緑色のビニールシートが被せられていた。

死因は、左手の動脈を切られた事による出血性ショック死だった。

 

その後の調べで、女性の身元は現場近くに住んでいた会社員の梅津絵美里さん(当時25歳)と判明した。

梅津さんは、発見現場から約350m離れたマンションで1人暮らしをしていた。

 

遺体発見前日の7月11日、梅津さんは午後8時過ぎに友人と渋谷のレストランで食事をした後、午後9時半頃に池尻大橋にある行きつけのバーへ行き、午前0時過ぎに店を出た。

そして、梅津さんは友人に「また電話する」と言い残し、東急新玉川線池尻大橋駅の階段を1人で下りて行ったという。

これが最後の目撃情報となってしまった。

その後、梅津さんは電車に乗り、午前0時24分か終電の午前0時34分に、自宅の最寄駅の桜新町駅で降車したと見られているが、その後の足取りは分かっていない。

 

現場は、国道246号線から北に約150m入った閑静な住宅街で、桜新町駅と被害者宅のほぼ中間地点に位置しているが、梅津さんの普段の帰宅ルートから外れており、梅津さんがなぜそこへ行ったのかは分かっていない。

また、現場からは梅津さんのサンダルとショルダーバッグ、靴がなくなっていた。

現場近くでは、女子高生が首を絞められる事件が2件発生しており、黒っぽい服装をした男が目撃されているが、未だ犯人は逮捕されていない。

もしかすると、同一犯による犯行かもしれない。

玉川警察署は、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

玉川警察署 特別捜査本部

電話:03-3705-0110(代表)

 

「梅津さんの情報」

・名前:梅津絵美里さん

・当時の年齢:25歳

・身長:160cm

・髪型:スパイラルパーマ

・体型:痩せ型

・所持品など:黒色のショルダーバッグ、サンダルを履いていた

 

下画像は事件当時の梅津さんの服装。

世田谷区新町2丁目新築工事現場内女性殺人事件の被害者の事件当時の服装
出典:玉川警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です