【未解決事件】下関市竹崎町金券ショップ経営者殺人事件

【下関市竹崎町金券ショップ経営者殺人事件】

 

下関市竹崎町金券ショップ経営者殺人事件は、2008年(平成20年)に山口県下関市で発生した殺人事件である。

2008年3月3日午後7時20分頃、山口県下関市竹崎町のJR下関駅沿いの路上で、金券ショップを経営していた下関市東大和町在住の田中明徳さん(当時52歳)が血を流して死亡しているのを通行人が発見した。

田中さんは、ナイフのようなもので十数ヶ所も刺されていた。

司法解剖の結果、死因は胸や背中などを刺された事による失血死と判明し、腕には抵抗した時にできたと見られる防御創も複数あった。

数十万円が入った田中さんのバッグや携帯電話などは現場に残されており、凶器は発見されていない。

田中さんは、金券ショップを閉店後、いつも通る帰宅路で襲われた。

 

事件発生直後、現場から立ち去った不審な男が目撃されているが、現場は暗い場所で、事件当時は雨も降っていたため、人通りが少なかった。

下関署は、この男が犯人と見て、事件発生から2年間に延べ約1万1千人の捜査員を動員し、田中さんが経営していた北九州市内にあるもう1店にも捜査員を派遣したが、有力な手掛かりは得られなかった。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、同署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

下関警察署 刑事第一課

083-231-0110

山口県警察本部 捜査第一課

083-933-0110

 

「下関署が作成したチラシと犯人と思われる男の情報」

下関署が作成したチラシ

下関市竹崎町金券ショップ経営者殺人事件のチラシ
出典:下関警察署

 

犯人と思われる男の情報

・当時の年齢:30~40歳くらい

・性別:男

・身長:170~175cmくらい

・当時の服装:黒っぽいジャンパー、黒っぽいズボン、黒っぽい野球帽を被っていた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です