【未解決事件】巣鴨3丁目占い師殺人事件 怨恨による犯行か?

【巣鴨3丁目占い師殺人事件】

 

巣鴨3丁目占い師殺人事件は、1998年(平成10年)に東京都豊島区で発生した殺人事件である。

1998年3月5日午後5時45分頃、東京都豊島区巣鴨3丁目にあるアパート2階の浴槽で、占い師をしていた新藤武雄さん(当時68歳)が死亡しているのが発見された。

発見したのは訪ねてきた新藤さんの長女(当時30歳)で、新藤さんは首を刃物で切られ、仰向けに倒れ死亡していた。

発見時、新藤さんは背広姿で、内ポケットには現金5万円入りの財布と預金通帳が残されていた。

現金などが奪われた形跡は無かったため、物盗りの犯行ではなく、怨恨による犯行と見られている。

玄関のカギは掛かっておらず、現場には大量の血があり、血痕の跡から新藤さんは玄関先で刺され、そのまま浴室まで引きずられたと見られている。

 

事件当日、新藤さんは午前9時過ぎに自宅を出て、現場のマンションに向かった。

午後3時頃には、女性客が新藤さんの仕事場に占い依頼の電話を掛けているが、電話には新藤さん本人が出ている。

この時点では新藤さんの無事が確認されているため、犯行はこれ以降の午後3時30分から午後5時頃までの間とされている。

 

新藤さんは戦後すぐにJR新宿駅東口の路上で易者(えきしゃ)をしていたが、事件の3年前から自宅近くの現場となった巣鴨のアパートの一室で仕事をしていた。

現場は、人通りの多い「とげぬき地蔵」に隣接するアパートだった。

 

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、巣鴨警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

巣鴨警察署

電話:03-3910-0110(代表)

 

「現場の地図」

巣鴨3丁目占い師殺人事件の現場の地図
出典:巣鴨警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です