【未解決事件】杉並区で発生した偽銀行協会職員 特殊詐欺事件

【偽銀行協会職員 特殊詐欺事件】

 

偽銀行協会職員 特殊詐欺事件は、2019年(平成31年)に東京都杉並区で発生した特殊詐欺事件である。

2019年2月23日午前中、東京都杉並区に住む85歳の女性宅に、全国銀行協会を名乗る男から「あなたのキャッシュカードを使おうとしている者がいる。新しいカードに取り替えてあげます。」という嘘の電話があった。

電話を受けた女性は、男の話を信じてしまい、その後、女性宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を渡してしまった。

そして、男は同日午後2時24分頃、杉並区内にあるコンビニエンスストアを訪れ、店内にあるATMに騙し取ったキャッシュカードを挿入し、現金100万円を引き出し窃取した。

高井戸警察署は、特殊詐欺事件として捜査しているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

同署は、「犯人によく似た男を知っている」・「電車やバスで見かけた」などの情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

高井戸警察署

電話:03-3332-0110(署代表)

 

「犯人の情報」

防犯カメラに映った犯人の画像

杉並区で発生した銀行協会職員を装った特殊詐欺事件の犯人画像
出典:高井戸警察署

 

犯人の特徴

・性別:男

・年齢:20歳代くらい

・体型:細め

・髪色:黒色

・当時の服装など:黒色のスーツ、黒色のメガネをかけていた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です