スマホが4Gから5Gへ!しかし導入には大きな問題点が!

最近、5Gという言葉を頻繁に耳にするようになってきた。

これは現在のスマートフォンの通信に使用されている4Gの次の規格の事で、2020年の春頃には導入されるのではないかと言われている。

5Gが導入されれば速度が格段に速くなり、大容量で多くの機器に同時接続でき、通信の遅延も少なくなるため、映画や音楽、VRなども本格的に楽しめるようになるようだ。

総務省は「2020年の5G実現に向けた取組」というタイトルで、地域の活性化や地方創生、労働人口の減少や労働生産性の向上に役立つと謳っている。

まるで救世主のような5Gだが、実は導入するためには大きな問題点がある。

それは全国どこでも使用できるようになるのかという点だ。

ここでは5Gとはどういう物なのか、導入に際しどのような問題点があるのかを説明しよう。

 


【5Gとは?】

 

5Gとは「5th Generation」の略で、第5世代移動通信システムを意味する。

4Gとの大きな違いは、

・通信速度が格段に速い

・同時接続数が増加

・遅延が減少する

の3つだ。

 

「通信速度が格段に速い」

4Gの通信速度は100Mbps~1Gbpsだが、5Gの通信速度は最大100Gbpsにもなり100倍以上速くなる。

4Gがデータ通信に1秒かかるとすれば、5Gなら0.01秒ほどで処理できてしまう。

今はコンテンツの表示やダウンロードに多少時間がかかるが、5Gになると一瞬で処理できるようになるのだ。

 

「同時接続数が増加」

IOTの普及により、スマートフォンやパソコンだけでなく、テレビやデジタルカメラ、HDレコーダーなどの様々な機器に通信機能を持たせる事ができるようになっている。

4Gでは対応できないような同時接続も5Gでは可能になる。

 

・IOTとは?

IOTとはInternet of Thingsの略で、「モノのインターネット」とも呼ばれている。

これはモノがインターネットに繋がる仕組みで、スマートフォンやタブレット、テレビ、デジタルカメラ、HDレコーダーなどの様々な物に通信機能を持たせ、インターネットに接続したり相互に通信する事で、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行う事ができる。

個々の機器が取り扱うデータ量や処理量、通信量は少ないが、接続できる機器の数は桁違いに多い。

また、従来のコンピュータ製品は、人の周りや建物、部屋などの特定の場所に集中しているが、IOT機器は世の中の様々な場所に分散して配置されるという特徴がある。

 

「遅延が減少する」

現在の4Gでは10msの遅延があるが、5Gになると1/10の1msに改善される。

これにより、リアルタイムにより近い時間でデータの送受信ができるようになるので、音や画像のズレが少なくなる。

 


【5G導入に対する大きな問題点】

 

5Gは、28GHzのミリ波と呼ばれる高い周波数帯を使っている。

ミリ波には超高速で通信できるというメリットがあるが、届く距離が短いというデメリットもある。

更に、直進性が強いので建物の壁や雨などに遮蔽されてしまうと周り込む事ができないため、コンクリートの建物内などでは電波が届きにくくなってしまうのだ。

この問題を解決するためには、現在の4G基地局よりも遥かにキメ細かい無数の5G基地局を設置する必要がある。

しかし、5G基地局を全国展開するのは簡単ではないため、NTTドコモなどは現在の4G基地局網に繋ぐ形で、スモールセルと呼ばれる新しい近距離の5G網を重ねる小型の基地局を導入しようとしているようだ。

だが、いずれにしても多くの新しいアンテナの設置が必要になる。

そうなると、また新しい問題が出てくる。

それは5Gは人口の集中している都市部でしか使用できないという事だ。

5Gは通信遅延がほとんどないため、自動運転車のコントロールに有効だとされているが、田舎道に入ると使用できなくなってしまう。

ドローンのコントロールにも有効だが、都市部はドローンの規制が多いため、規制の少ない田舎の地域でしか使用できないような事になってしまう。

また、5Gは高精細のテレビ会議などにも有効だが、田舎の地域では会議に参加できないような事にもなってしまう。

 

日本は国土の6割が山地で、標高500m以上の場所が27%もあり、広大な森林が国土の66%も占めている。

田舎に5Gを導入するためには、中山間地域にも5G網を張り巡らせる必要がある。

そうなると、すばらしい景観や風土の破壊にも繋がってしまう。

昨年の国土交通白書によると、三大都市圏に住む20代の4人に1人が地方移住に興味があるという調査結果もあり、山あいの限界集落が消滅している日本の中山間地域に5G網を張り巡らせるというのは、あまりにも現実的ではないように思えてならない。

 


【5G導入に対する世間の反応は?】

 

・4Gの時も同じようなことを問題視していた気がするので今回の件も時間はかかると思う!流石に最初からは無理だと思う。

 

・そう入っても、時代の波は確実に押し寄せて来ます。

 

山が多いからこそ、そこで培う技術ってすごいものになると思います。

 

・末端のスピードとトラフィック量が上がれば当然幹線の伝送能力が限界になる。

 

5Gの普及に見合う幹線のインフラ整備が急がれる。

 

・それぞれの使い方と思います。

 

少なくても現状の私では5Gのメリットは無く現行の4Gでさえオーバースペックですから。

 

・実情に照らして、4Gと5Gを使い分ければいいだけ。

 

・山間部の限界集落は消滅していくだけだし、細かいところに配慮しすぎるのは良くない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です