【未解決事件】たつの市新宮町女児殺人未遂事件

【たつの市新宮町女児殺人未遂事件】

 

たつの市新宮町女児殺人未遂事件は、2006年(平成18年)に兵庫県たつの市で発生した殺人未遂事件である。

2006年9月28日午後6時22分頃、兵庫県たつの市新宮町新宮の路上で、当時小学4年生(9歳)だった女児が男に刃物で左胸の下2ヶ所を刺され、左腕を切られた。

幸い、女児の命に別状はなかったが、刺された1ヶ所は肺まで達していた。

女児は、男が女児のリュックサックを触ろうとしたのを拒んだところ、男が手に持っていた白いポリ袋のような物で叩かれたという。

驚いた女児が通っていた塾に戻り講師に訴え、講師が警察に通報した。

事件の約10分前、近くの路上で同じ塾帰りの女児が男に抱きつかれるという事件も発生しており、たつの警察署は関連を調べている。

また、たつの警察署は通り魔の可能性もあると見て、傷害容疑で逃げた男の行方を追っている。

しかし、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、たつの警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

たつの警察署

電話:0791ー63ー0110

 

「現場の地図」

たつの市新宮町女児殺人未遂事件の現場の地図
出典:たつの警察署

 

「逃げた男の特徴」

・当時の年齢:30~40歳くらい

・身長:170cmくらい

・当時の髪型:短髪

・当時の服装など:白っぽい上着、長ズボン、リュックサックを背負っていた

 

「現場付近の防犯カメラに映った逃げる男の映像」

たつの市新宮町女児殺人未遂事件の犯人と思われる男の画像
出典:たつの警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です