トコジラミ被害が増加!家に持ち帰ると大変な事に!

今、日本国内で南京虫(トコジラミ)の被害が増加しており、海外からの旅行者やビジネスマンによって持ち込まれている可能性が高い。

南京虫被害は今後更に増加すると見られており、2020年の東京オリンピック時に最も被害が拡大するのではないかと懸念されている。

南京虫は、旅行者やビジネスマンのカバンや郵便物の中に潜み、海を渡り日本にやって来る。

日本政府観光局によると、2018年の訪日外国人は3,119万人で、2000年の6.5倍に増えているそうだ。

東京都内の保健所や市町村に寄せられた南京虫の相談件数も、2005年度は26件だけだったが、2018年度には354件にもなっている。

更に、ここ5年ほどは熱帯地域に生息している薬剤が効きにくい厄介なネッタイトコジラミも日本国内で確認されているようだ。

 

南京虫に刺されると、命にかかわるような事はないが、眠れないほどの強烈なかゆみに襲われ、赤い発疹もでき、人によってはかゆみが1~2週間も続く場合があるようだ。

そこで、ここでは南京虫がどんな虫なのかや南京虫の予防法、刺された時の対処法を紹介したいと思う。

 

 


【南京虫はどんな虫?】

 

トコジラミの写真
出典:アース製薬

 

 

 

 

 

南京虫(なんきんむし)は、一般的にはトコジラミと呼ばれており、床虫(とこむし)と呼ばれる事もある吸血性の寄生昆虫だ。

カメムシ目トコジラミ科のため、触るとカメムシのような悪臭を発生させる。

トコジラミは、世界中の温帯地域に生息しており、日本でもほぼ全国に生息している。

成虫になると5~7mmほどの大きさになるため、目で確認する事ができる。

メスは1日に5、6個の卵を産むため、繁殖力が強い。

 

「人間の血を吸う」

トコジラミは、人間の血を吸う。

血を吸う前は、薄黄色~やや赤褐色くらいの色をしているが、吸った後は濃い茶色に変色する。

夜行性なので、人間が寝ている間に血を吸いに来る。

首や手足などの服に覆われていない部分を刺される事が多いが、服の上からも刺される事があり、服の袖口から侵入して来る場合もある。

 

「どうやって室内に侵入してくる?」

トコジラミは飛べないため、人の服やカバン、古本、古いアンティーク家具などにくっついて室内に侵入してくる。

タクシーや電車、銭湯などの多くの人が利用する場所で偶然もらってしまう場合もある。

室内に侵入してきたトコジラミは、マットレスの隅や家具の隙間などの狭くて暗い所に隠れる習性がある。

 

「刺されるとどうなる?」

トコジラミに刺されると赤い発疹ができ、その後、強烈なかゆみを生じる。

発疹の大きさは、1円玉くらいの大きさになる。

また、トコジラミは一度血を吸うだけでは満足せず、移動しながら何度も血を吸うため、全身に何ヶ所も発疹ができる。

ダニやノミのように皮膚の柔らかい部分を刺すのではなく、皮膚ならどこでも刺すため、顔にも発疹ができる場合がある。

更に、トコジラミは血を吸うと同時に肛門から悪臭を出し、仲間を呼び寄せる習性がある。

これは、血を吸うと体内の水分を排出しないと腹部が大きく膨れ上がり、自分の住み家に戻れないためだ。

 

強烈なかゆみは、トコジラミに刺されてから数時間~2日ほど経った頃に生じ、人によってはかゆみが1~2週間続く場合もある。

かゆくなる原因は、刺された時にトコジラミの唾液が体内に入り、アレルギー症状を起こすためだと言われている。

初めて刺された時は、人によってはかゆみを生じない場合もあるようだ。

無意識のうちに刺されるため、刺された部分を掻きむしり、出血する場合もある。

 


【刺された時の対処法】

 

刺されると強烈なかゆみを伴うが、極力掻かないように注意しよう。

強い力で掻き過ぎると化膿したり、傷跡が残ってしまう場合もある。

刺された場合は皮膚科を受診し、かゆみ止めを処方してもらおう。

病院に行けない場合や病院まで我慢できない場合は、ドラッグストアのかゆみ止めの市販薬を使用し、かゆみを和らげよう。

 

 


【トコジラミの4つの予防法】

 

1:人が多く集まる場所には極力行かない

トコジラミを家に持ち帰らないためには、極力多くの人が利用するタクシーや電車、銭湯などを利用しないよう心掛ける事が大切だ。

電車やバスに乗った場合は、椅子に座らないように心掛ける事も、トコジラミ対策には効果的だろう。

また、家に帰った時は着ている服やカバンなどの中にトコジラミが居ないか確認しよう。

トコジラミを持ち帰ってしまうと、繁殖力が高く駆除が大変なため、刺されないためには持ち帰らない事が重要になる。

 

2:殺虫剤で退治

もし、家の中にトコジラミがいる場合は、殺虫剤で退治するようにしよう。

しかし、トコジラミの中にはピレスロイドという物質に対する抵抗性を持った殺虫剤が効かないスーパーナンキンムシも多く存在している。

このようなスーパーナンキンムシには、第二類医薬品の下記のような殺虫剤が有効だ。

また、ゴキブリホイホイのようなトコジラミ捕獲器もあるので、狭い場所や隙間にセットしておくと効果的だ。

 

・トコジラミゴキブリアース

 

 

・コックローチPA(2本セット)

 

 

・トコジラミ捕獲器

 

 

3:ホテル・旅館に泊まる場合は隙間をチェック

トコジラミは、ベッドや床、壁などの隙間に潜んでいるので、ホテルや旅館の部屋に入ったら、先ずそういう隙間をチェックし、トコジラミが居ないか確認しよう。

また、抜け殻が落ちていないか、異臭はしないかもチェックしよう。

高級ホテルでも油断は禁物なので、刺されないためにしっかりチェックするようにしよう。

もし、トコジラミを発見した場合や痕跡が見られる場合は、部屋を変えてもらった方が良いかもしれない。

 

4:部屋の電気をつけたまま寝る

もし、部屋にトコジラミが居る可能性がある場合は、部屋の電気をつけたまま寝るようにしよう。

トコジラミは夜行性なので、部屋が明るいと基本的には居ても出てこない。

ただ、トコジラミが空腹の場合は明るい場所でも刺してくるため、絶対に刺されない訳ではないが、刺されるリスクは軽減する事ができる。

部屋が明るくて寝れない場合は、アイマスクをして寝るのがオススメだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です