都市伝説 長野県編

【姨捨山】

 

長野県千曲市と東筑摩郡筑北村にまたがる冠着山(かむりきやま)は、姨捨山(おばすてやま)とも呼ばれており、60歳になった年寄りをこの山に捨てに行っていたという伝説がある。

その昔、年寄りの事が大嫌いな殿様がおり、「60歳になった年寄りは山に捨てること」というおふれを出した。

殿様の命令には誰も逆らえず、親も子も、その日が来たら山へ年寄りを捨てに行くものと諦めていた。

そんなある日の事、1人の若い男が60歳になった母親を背負って山道を登って行った。

すると、背負っている母親が「ポキッ、ポキッ」と木の枝を折っては道に捨てているのに気付いた。

男は不思議に思ったが、何も聞かずにそのまま歩き続けた。

 

母親を捨てる場所は深い山奥で、男が母親を置いて帰る頃には辺りは真っ暗闇になっていた。

男は道に迷い帰れなくなったため、母親のいる場所に引き返した。

そして、戻ってきた男の姿を見た母親は、「こんな事もあろうかと、途中で枝を折ってきた。それを目印にお帰り。」と静かに言った。

子を想う親の優しさに触れた男は、殿様の命令に背く覚悟で、母親を家に連れて帰った。

 

それからしばらくして、隣の国が「灰で縄をないなさい。できなければ貴方の国を攻める。」と言ってきた。

殿様は困り果て、誰か知恵のある者はいないかと国中におふれを出した。

男がこの事を母親に伝えると、母親は「塩水に浸したワラで縄をなって焼けばよい。」と教えてくれ、男は教えられた通りに灰の縄を作り、殿様に差し出した。

しかし、隣の国は、また「曲がりくねった穴の空いた玉に糸を通せ。」という難題を言ってきた。

男は母親から「1つの穴の周りにハチミツを塗り、反対側の穴から糸を付けたアリを入れなさい。」と教えられ、この事を殿様に伝えた。

すると、隣の国は「こんな知恵者がいる国と戦っても、勝てるわけがない。」と、攻め込むのを諦めた。

殿様はたいそう喜び、男を城に呼んで「褒美をとらす。欲しいものを言うがよい。」と言ったが、男は「褒美はいりません。」と言い、母親の事を殿様に話した。

すると殿様は「なるほど、年寄りというものは有り難いものだ。」と、自分の考えが間違っていた事に気付き、年寄りを山に捨てる事を止めさせた。

これにより、どの家でも年老いた親と仲良く暮らせるようになった。

 

この話の素になったのは、平安時代中期(950年頃)に成立した「大和物語」という中古日本の物語と言われており、今話した内容とは少し異なっている。

 

「大和物語の姨捨山の概要」

信濃の国の更級という所に男が住んでいた。

男は、幼い時に親が死んでしまったため、伯母が幼い時から親のように付き添ってくれていた。

しかし、男の妻は薄情で、伯母が歳を取って腰が曲がっていたのを常に憎らしく思っており、男にも伯母の心がひねくれていて良くないと言い聞かせていた。

男も昔のように伯母を大切にせず、おろそかにする事が多くなっていった。

 

伯母がたいそう年老いて腰が折れ曲がってきていた事を、嫁はいっそう厄介に思い、今までよく死ななかったものだと悪口を言いながら、「伯母を連れていらっしゃって、深い山にお捨てになってください。」とばかりに男をせきたてたため、男もそうしようと思うようになった。

そして、月の明るい夜に男が、「おばあさんや、さあいらっしゃい。寺でありがたい法要をするというので、お見せ申し上げましょう。」と言うと、伯母は大いに喜んで男に背負われた。

男は高い山の麓に住んでいたので、その山の遥か遠くまで入っていき、高い山の峰で、下りて来る事ができないような所に伯母を置いて逃げた。

伯母は「これ、これ」と言ったが、男は答えもしないで逃げて家に帰った。

そして、家に帰ってから伯母の事を考えていると、あの時は腹を立ててこのような事をしたが、長年親のように養い続けて一緒に暮らしていたため、とても悲しく思えてきた。

男は一晩中寝る事ができず、悲しく思えてきたので、「自分の心を慰めることができません、更級の姨捨山に照る月を見ていると。」という歌を詠み、山へ行って伯母を連れて戻ってきた。

それからこの山の事を「姨捨山」と呼ぶようになったという。

 

 


【紅葉伝説】

 

紅葉伝説(もみじでんせつ)は、長野県に伝わる鬼女にまつわる伝説である。

937年(承平7年)、会津に笹丸と菊世という夫婦が住んでいた。

この夫婦は子供に恵まれず、何とか子供を授かりたいと思っていた。

そんなある時、「第六天の魔王におすがりしなさい。」と教えられ、早速身を清めてお願いする事にした。

すると、それは美しい玉のような女の子を授かる事ができた。

夫婦は女の子を呉葉と名付け大事に育てたが、呉葉は美しいだけでなく、読み書きや和歌作り、琴を弾く事にかけては天才的だった。

やがて呉葉の評判は広まっていき、親子3人は村を出て京都に行った。

そして、呉葉は名前を紅葉と改め、琴を教えるようになった。

 

ある暑い夏の夕方、源経基(みなもとのつねもと)公の奥方が四条河原に涼みに来ていたが、その帰りに近くの家からとても美しい琴の音が聞こえてきたので、奥方は「ぜひもう一度聞かせてください。」と紅葉に頼んだ。

これが縁となり、紅葉の評判は源経基公の耳にも入り、紅葉は大勢の人の前で琴を弾く事になった。

紅葉は日頃から信仰していた第六天の魔王に演奏の成功を祈り、大成功を収めた。

そして、源経基公から可愛がられるようになり、子供も授かった。

すると、紅葉は奥方が邪魔だと思うようになり、奥方が病気で亡くなるよう、毎晩、第六天の魔王に祈るようになった。

しかし、僧侶にその悪事が見つかり、紅葉たち親子3人は罪人として信州の戸隠(とがくし)に流され、荒倉山の岩屋に住む事になった。

ところが、紅葉は妖術を使って病気の村人を治療したり、裁縫や琴を教えていたので、村人たちは紅葉を尊敬するようになった。

 

暮らしが落ち着いた頃、紅葉はもう一度京都に戻って源経基公に愛され、贅沢な暮らしがしたいと思うようになった。

すると、いつしか紅葉に鬼の心が芽生え、一夜山の山賊たちを妖術で従え、悪事を働くようになった。

そして、その噂は京都の天皇の耳にも入り、「鬼女紅葉を退治せよ。」という勅命が平維茂(たいらのこれもち)将軍に言い渡された。

将軍は本陣を塩田(上田市)に構え、第一軍の総大将を河野三郎に命じ、鬼女退治に向かわせた。

そして、第一軍が裾花川のほとりに来ると、突然空が真っ暗になり、火の雨や大洪水が押し寄せ、第一軍はひとたまりもなく押し返されてしまった。

敗戦の知らせを受けた将軍は、「紅葉ごとき女に何を恐れているのだ!」と怒り、成田左衛門が総大将の第二軍を送り込んだが、第一軍と同じように、どうする事もできなかった。

将軍は「もう我慢ならん!紅葉め、私が退治してやる!」と自ら剣を取り、紅葉退治の作戦を練った。

そして、別所にある北向観音に17日間の断食の願をかけ、満願の朝に夢枕でもらった降魔の利剣を持ち、鬼女のいる洞窟を襲った。

すると、観音様の力のお陰か、妖術を使おうとした紅葉の体が硬くなり、紅葉は妖術が使えなかった。

将軍はその隙に降魔の利剣で鬼女紅葉の首をはねた。

鬼女紅葉の首は、7回宙を飛び空の彼方に消え、体は地面に倒れ死んでしまった。

そして、将軍は「信濃なる北向き山の風さそい妖し紅葉は疾くと散りにけり」という歌を詠んだ。

 

この話は「紅葉狩」という謡曲の題材にもなっており、毎年10月第4日曜には長野市鬼無里(きなさ)にある松巌寺で、紅葉を偲んだ「鬼女紅葉祭り(きじょもみじまつり)」が開催されている。

 

 


【幻の滝】

 

長野県下高井郡木島平村に「樽滝(たるだき)」という滝がある。

この滝は樽川の上流にあり、樽川は連続して2本の滝を懸けている。

上流側から順に雄滝・雌滝と言うが、元々「樽滝」はこの2本の滝の総称だった。

国道403号と長野県道451号七曲西原線が交わる所には、玉滝不動尊という神社が建っており、国道から見て樽川を挟んだ対岸には高さ約80mの岸壁がそびえている。

この岸壁には毎年5月8日と10月の2回だけ現れる幻の滝がある。

元々、この幻の滝は、1923年に樽川上流で取り入れた水を、中部電力の樽川発電所に送る途中に、導水路からこぼれた水が滝となって樽川に落ちた事で現れたものだったが、いつしかこれも「樽滝」と呼ばれるようになった。

1984年に別の導水路が開通した事で「樽滝」には水が流れなくなり、一旦は消滅した滝だったが、地元住民や写真愛好家などからの要望で、1987年から年2回だけ限定で「樽滝」に放水し、再び現れる事となった。

 

「樽滝の言い伝え」

・夕方に雄滝に近付くと、滝の底に引きずり込まれるという言い伝えがある。

 

・雌滝には広い滝壺があり、そこには大蛇が住んでいるという言い伝えがあったが、長い年月の間に自身の体が大きくなり、手狭になってしまった。

そして、大蛇は近くの寺の僧の夢枕に立ち、雌滝へ引っ越したいと告げたという。

僧は、村人たちと共に馬を8頭用意し雌滝に向かい、大蛇は雌滝の主となった。

以来、柏尾が水不足になった時は雌滝で雨乞いをすると、たちまち雨が降り始めたという。

 

・年2回だけ現れる幻の滝を見ると幸せになれるという都市伝説があり、幻の滝を見に訪れるカップルもいるという。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です