【未解決事件】鳥取市タクシー強盗殺人事件 犯人は拳銃を所持

【鳥取市タクシー強盗殺人事件】

 

鳥取市タクシー強盗殺人事件は、2009年(平成21年)に鳥取県鳥取市で発生した強盗殺人事件である。

2009年7月17日午後9時40分頃、鳥取県鳥取市立川町6丁目地内で、タクシー運転手をしていた下田和男さん(当時60歳)が拳銃で撃たれ、その後病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

「パーン」と銃声が聞こえた後、下田さんは民家に血を流しながら「助けてくれ、強盗だ。」と助けを求めていた。

しかし、鳥取県警が駆け付けた時には、既に下田さんの意識はなかった。

近所の住民は、下田さんの「助けてくれ、強盗だ。」という声を聞いた後、走り去るタクシーを目撃している。

その後、盗まれたタクシーは現場から約2km離れた鳥取市東今在家の路上で、乗り捨てられた状態で発見された。

 

司法解剖の結果、下田さんの死因は背中を撃たれ、銃弾が肺を貫通した事による失血死と判明した。

鳥取県警の調べによると、タクシーは運転手側のドアの内側に直径9mmの弾丸がめり込んでおり、後部座席からは空の薬きょうが発見された。

タクシー内に血痕はなかったが、ドアの外側に血痕がついていた。

また、タクシーの運行記録に記載されていた売上金は無くなっていたが、下田さんのポケットやタクシー内にあった現金は盗まれておらず、下田さんの財布も発見された。

更に、捜査本部はタクシーの料金メーターの状態が「支払い」になっていた事から、犯人が降車する際にトラブルとなり、タクシーを止めて逃げた下田さんを後部座席から自動式拳銃で撃った可能性が高いと見ている。

 

下田さんはこの日、午後9時0分頃からJR西日本鳥取駅の北口で、客待ちを始めていた。

そして、午後9時25分頃に犯人と思われる男を鳥取駅北口で乗せており、その際に勤務しているタクシー会社に、現場近くの「鳥取市大杙(おおくい)に向かう」と報告している。

午後9時30分頃に、下田さんが犯人と思われる男を乗せて出発するのを、同僚のタクシー運転手が目撃している。

そして、午後9時40分頃、鳥取市立川町6丁目地内で犯人に撃たれた。

午後9時50分頃には盗まれたタクシーが、鳥取市東今在家の路上に止まっているのを、近所の住民が目撃している。

 

鳥取署は現在も懸命に捜査を続けているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

鳥取警察署

電話:0857-32-0110

 

「現場の地図」

鳥取市タクシー強盗殺人事件の現場の地図
出典:鳥取警察署

 

・タクシーの情報

赤色と白色のツートンカラー

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です