【未解決事件】打越町たばこ店母・息子殺人事件 犯人の目的は?

【打越町たばこ店母・息子殺人事件】

 

打越町たばこ店母・息子殺人事件は、1999年(平成11年)に東京都八王子市で発生した殺人事件である。

1999年2月1日午後8時頃、東京都八王子市打越町にある、たばこ店「安井商店」の6畳の和室で、店主の安井喜代さん(当時78歳)と長男で会社員の智嘉さん(当時54歳)の2人が、血まみれになって死亡しているのが発見された。

発見したのは近所に住む住人で、喜代さんは堀ごたつの中に足を入れた状態で発見され、息子の智嘉さんはこたつに頭を突っ込んだ状態で発見された。

 

司法解剖の結果、2人の死因は首を刺された事による失血死と判明し、智嘉さんの上に喜代さんが折り重なるように倒れていた事から、智嘉さんが先に襲われ、その後喜代さんが襲われたと見られている。

死亡推定時刻は1月31日の午後7時から午後10時の間と見られ、胃の内容物から殺害時刻は夕食後1時間と見られている。

また、血の飛び散っている範囲が狭い事から、激しく争う間もなく、短時間で殺害されたと見られている。

 

発見者によると、発見当時、道路側に面した店の表の入り口は閉まったままになっていたが、勝手口が10cmほど開いており、中からテレビの音も聞こえていたため、「おばあさん」と声を掛けながら中に入ったという。

古くからの常連客は、営業時間外には勝手口の方に行って、たばこを買う事もあったようだ。

こたつのテーブルの上には、ビールの空き缶や手が付けられていない惣菜などが置かれており、こたつの横には晩酌に使ったと思われる、おちょこが2つ、お盆の上に置かれていた。

また、テーブルの上にはファスナーが開いた状態の血の付いたセカンドバッグもあり、周囲には小銭が散乱していた。

このバッグは底が2重構造になっており、底に隠れていた21万円は手付かずのままだった。

押し入れには耐火金庫が入っており、押し入れの襖は開けられていたものの手付かずで、金庫の中の現金や権利書などは残っていた。  

 

安井さんは近所に貸し家を4軒持っており、家賃収入があった。

家賃は現金で受け取り、そのお金は銀行には預けず、新聞の折り込み広告でくるんでタンスに保管していたという。

事件当時、こたつ付近には折り込み広告が散乱しており、犯人が現金を盗んだ形跡はあったが、一部しか奪っておらず、多くの現金はそのまま残されていた。

室内に残っていた現金は総額で約900万円もあったが、犯人は多くても数十万円しか奪っていないと見られている。

また、犯人は土足で侵入したのではなく、靴を脱いで家に上がっている事が分かっている。

 

安井さん宅は通りに面しており、店のある母屋には喜代さんが住み、数年前に裏手に新築した離れに智嘉さんが住んでいた。

智嘉さんは会社勤めをしていたが、店番を手伝う事もあった。

喜代さんの夫は10年ほど前に亡くなり、智嘉さんの3人の弟たちはそれぞれ独立している。

 

店は車の往来が激しい街道沿いにあり、現場周辺では区画整理事業が行われていたため、多くの工事関係者が出入りしていた。

また、暴走族のたまり場にもなっており、近隣住民とのトラブルもあったようだが、安井さん親子とのトラブルはなかったとされている。

 

この事件の犯人は未だ逮捕されておらず、犯人に結び付くような有力な情報も得られていない。

八王子警察署は、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

八王子警察署

電話:042-621-0110(代表)

 

「現場の地図」

打越町たばこ店母・息子殺人事件の現場地図
八王子警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です