【未解決事件】山口市赤妻町女性殺人事件 妻を殺害して逃亡

【山口市赤妻町女性殺人事件】

 

山口市赤妻町女性殺人事件は、2009年(平成21年)に山口県山口市で発生した殺人事件である。

2009年1月14日午前9時45分頃、山口県山口市赤妻町のアパートに住んでいた無職の村田一枝さん(当時71歳)が自室で死亡しているのが発見された。

発見したのは訪れたホームヘルパーで、村田さんは首にタオルのようなものを巻かれ、6畳間のベッドの上で仰向けで倒れていた。

村田さんは病気がちだったため、市内にある施設の介護サービスを利用していた。

翌15日に司法解剖をした結果、死因は頸部圧迫による窒息死と判明し、死亡推定時刻は11日夜から12日朝の間と見られる。

村田さんは、夫(当時73歳)と2人暮らしをしていたが、夫は部屋にメモを残して行方が分からなくなっていた。

夫は2008年9月まで市内にある事業所に務めていた。

山口署は、夫が何らかの事情を知っていると見て、付近の山などを捜索した。

自宅には夫が普段使用していた乗用車が残されており、交通機関への聞き込みも行ったが、夫の手掛かりを掴む事はできなかった。

残されていたメモの内容が心中をほのめかすものだった事や、村田さんの遺体の状況から、山口署は夫の犯行と断定し、夫の村田俊治容疑者を殺人容疑で全国に指名手配した。

 

現場は、県庁から南西に約3kmのところにあるアパートや民家が立ち並ぶ閑静な住宅街の一角で、赤妻町では2007年10月にも元暴力団組長が拳銃で射殺されるという事件が発生している。

近所に住む男性によると、村田さんの住んでいたアパートは住人の入れ替わりが激しいため、村田さん夫婦とは面識がなかったという。

村田さんと買い物先でよく話しをしていたという近所の女性の話では、村田さんは夫婦一緒に車で買い物に出掛けていて、仲は良さそうだったという。

村田俊治容疑者の足取りは未だ分かっておらず、山口署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

山口警察署 刑事第一課

083-924-0110

山口県警察本部 捜査第一課

083-933-0110

 

「山口署が作成したチラシと村田容疑者の情報」

山口署が作成したチラシ

山口市赤妻町女性殺人事件のチラシ
出典:山口警察署

 

村田容疑者の情報

・名前:村田俊治(むらた しゅんじ)

・生年月日:昭和10年9月15日

・当時の年齢:73歳

・身長:165cmくらい

・体型:痩せ型

・当時の髪型:短髪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です