【未解決事件】横尾女性殺人事件 2人組の不審な男が犯人か?

【横尾女性殺人事件】

 

横尾女性殺人事件は、2003年(平成15年)に兵庫県神戸市で発生した殺人事件である。

2003年2月21日午後10時45分頃、兵庫県神戸市須磨区横尾6丁目の路上で、血まみれで倒れているパート従業員の寺田和子さん(当時44歳)の遺体が発見された。

寺田さんは市営地下鉄妙法寺駅で下車した後、左手にカバンを持ち、右手で携帯電話を操作しながら自宅に向かって歩いていたところを何者かに襲われたと見られている。

寺田さんは左太ももの内側を鋭利な刃物で一突きされ、大量の血だまりの中、仰向けで倒れ、失血死状態だった。

下車してからわずか12分後の出来事だった。

捜査関係者は、寺田さんが何者かにカバンを奪われそうになり、抵抗した際に刺されたと見ている。

 

事件当時、高さが約3mある歩行者専用道路のコンクリート側壁には血痕がついており、真っ二つに折れた携帯電話が落ちていた。

携帯電話は通報を恐れた犯人が壊したと見られ、奪われたカバンは現金などが抜き取られた状態で、近くの山林から発見された。

現場は深夜になると地下鉄が到着するたびに、下車して家路を急ぐ人々が継続して通行しているが、寺田さんは持病に配慮していつもゆっくり歩いていたため、次第に歩く人達から離れていき、その隙を狙われたと見られている。

また、犯人は2人組で、見張り役と実行役がいたのではないかという見方もあるようで、実際、寺田さんの1本前の電車を降りた2人組の若い男が、現場付近で不審な行動をしていたのが目撃されている。

 

この事件は発生時刻が深夜だったため、目撃情報が極めて少ない。

これまで約150件の情報が寄せられているが、犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

須磨警察署は現在も懸命に捜査を続けており、情報提供も呼び掛けている。

<連絡先>

須磨警察署

078ー731ー0110

 

「現場の地図」

横尾女性殺人事件の現場の地図
出典:須磨警察署

 

「須磨警察署が作成したチラシ」

横尾女性殺人事件のチラシ
出典:須磨警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です