船戸結愛ちゃん虐待死事件、母親に懲役11年を求刑!

2018年3月に東京都目黒区で船戸結愛(ふなとゆあ)ちゃん(当時5歳)を虐待死させた事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われている母親の優里被告(27歳)の裁判員裁判が東京地裁で9日行われた。

検察側は優里被告に対し、「命を守る親として最低限の行動も起こさなかった」と非難し、懲役11年を求刑した。

論告で検察側は、「雄大被告(34歳)と共に十分な食事を与えず、体重が刻々と減っていることを知りながら病院に連れて行かなかった。終わらない空腹の苦痛を与え、心拍が確認できなくなるまで放置した犯行はこのうえなく悪質だ」と指摘した。

更に続けて、「児童相談所の職員が来ても追い返すなど、誰も助けられない状況を自ら積極的に作り出した。夫との関係を優先し、5歳の子供を死亡させた結果は極めて重大だ」と主張した。

一方、弁護側は「優里被告は雄大被告から連日長時間の説教を受け、結愛ちゃんへの暴力を見せつけられる心理的なDV(家庭内暴力)によって支配されていた。機嫌を損ねて虐待が酷くならないように、雄大被告に従わざるを得なかった」とし、懲役5年が相当だと主張した。

優里被告は最終陳述で「異常なほど結愛のことを愛していたのに、結愛の心も体もぼろぼろにして死なせた罰は、しっかり受けたい」と声を震わせながら述べた。

 

判決は9月17日に言い渡されるようだが、懲役11年でも軽く思えてならない。

保護責任者遺棄致死罪に問われると、一体どのくらいの量刑になるのだろうか、そしてこの求刑に対し世間の人はどう思っているのだろうか?

 


【保護責任者遺棄致死罪の量刑は?】

 

保護責任者遺棄致死罪は、遺棄罪または保護責任者遺棄罪・不保護罪の罪を犯し、死傷が生じた場合、刑法219条によって処理され、結果に故意がある場合は殺人罪(刑法199条)が成立する場合もあるようだ。

量刑は保護責任者遺棄罪が3ヶ月以上5年以下の懲役、殺人罪が死刑または無期懲役もしくは5年以上の懲役になるようだ。

 

2018年12月に盛岡地裁で、当時1歳9ヶ月の長男に十分な食事や水分を与えず、自宅に放置して死なせ、父親が保護責任者遺棄致死罪に問わるという、今回の事件と似たケースの裁判が行われており、言い渡された判決は次のようになっている。

裁判長は、

「妻と別居状態で唯一の保護責任者だったにも関わらず、最低限の保護すら尽くさず犯行態様は悪い」

と述べた上で、

「逮捕当初から犯行を認め反省の言葉を述べている」

とし、懲役6年の求刑に対し懲役5年の実刑判決を言い渡している。

 

優里被告の場合は、食事を与えていなかっただけでなく、結愛ちゃんに対する雄大被告の暴力も黙認していたので、もう少し重い量刑になるかもしれないが、それでも6~8年くらいではないだろうか。

裁判での嘘泣きや反省の言葉、雄大被告による心理的なDVが考慮されれば、盛岡地裁で行われた裁判のように、懲役5年くらいになるかもしれない。

こんな量刑だからいつまで経っても虐待が減らないのではないだろうか。

今回の事件を機に刑法を改正し、量刑を重くしてくれる事を願う。

 


【求刑に対する世間の反応は?】

 

・間を取って8年などとしないで、きっちり量刑を出すべき。

 

母親が最後の砦だったのに、子を守ろうとしなかった責任は重いし結愛ちゃんの気持ちを思うと本当にやりきれない。

 

・そやな。一般的な世間感情からしたら甘いと思うわな。

 

とかく日本の司法は加害者に甘く、被害者、特に死者に厳しい。

 

生きていく人間が優先され、死人に口なしで死者は冷遇。

 

それが日本って国やで。残念ながらな。

 

・親子とか無視しても同じ人間が人間にこんなことができる。

 

何かを忘れて高度成長してきた付けかもわからない。

 

成長と繁栄に程遠かった人たちかもわからないね。

 

それとも、ただ単に自分のことしか考えられない未成熟な人間が増えたのかもね。

 

・>「結愛の心も体もぼろぼろにして死なせた罰は、しっかり受けたい」
だけど、求刑に近い判決なら控訴するんだろうな。

 

それはそうと、検察は人の心があるなら、雄大に対しては断固として死刑を求刑すべき。

 

・児童虐待による殺人に対して保護責任者遺棄致死罪を適用するのでは亡くなった子供が不憫すぎる。

 

結愛ちゃんが親に見捨てられ飢えや痛みや恐怖に耐えて亡くなった事を考えれば雄大被告は万死に値すると思う。

 

保護責任者遺棄致死罪が極刑回避のための法律にならぬよう厳罰な法改正になるよう切に願う。

 

 

やはり厳罰を望む意見が多いようだが、私的には2人とも極刑でいいと思う。

「異常なほど結愛のことを愛していたのに」と言うのなら、なぜ助けてあげなかったのかが全く理解できない。

1日に汁物1杯しか与えなかったり、結愛ちゃんが雄大被告に顔が腫れ上がるまで叩かれていたのに、それを黙認していたような人間だ。

雄大被告は結愛ちゃんの腫れ上がった顔を見て、「ボクサーみたいだな」と笑っていたそうだ。

もはや人間ではない。

結愛ちゃんの体には170ヵ所以上の傷やアザが残されていた。

娘がそこまでされているのに何もしないで放置するのど有り得ない。

雄大被告が極刑なのは当然として、優里被告にも最低でも無期懲役を望む。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です