【未解決事件】勇払郡厚真町銃弾死亡事件 ハンター誤射

【勇払郡厚真町銃弾死亡事件】

 

勇払郡厚真町銃弾死亡事件は、2011年(平成23年)に北海道勇払郡で発生した業務上過失致死事件である。

2011年2月4日午前9時30分頃、北海道勇払郡厚真町桜丘(ほっかいどう ゆうふつぐん あつまちょう さくらおか)の山林内で、林業作業中の新渡戸勝彦さん(当時45歳)が銃弾を受け死亡する事件が発生した。

新渡戸さんの同僚の男性が銃声を聞き、「危ない」と叫んだ直後、同僚の男性が約200m離れた町道上にオレンジ色の上着を着たハンター風の2人組の男らを発見したが、男らはすぐさま青色のRV車に乗り込み、現場から立ち去った。

そして、約30分後、同僚の男性が数十m離れた山の斜面で木材を引き上げるブルドーザーの上で倒れている新渡戸さんを発見し、119番通報した。

しかし、新渡戸さんは左脇腹から右胸にかけて、ライフルの銃弾が貫通しており、即死状態だった。

苫小牧署は、新渡戸さんの死因をライフル銃の銃弾に当たったものと断定し、ハンターの誤射による業務上過失致死事件と見て捜査を開始した。

 

事件当日、新渡戸さんを含めた林業会社の従業員数人は、間伐作業等のため午前7時頃から厚真町桜丘の山林内に入っていた。

事件現場は、新千歳空港から東に約16km、厚真町市街地から北に約8kmの場所で、厚真町内を通過する町道10号線(通称千歳鵡川線-厚真と安平町をつなぐ町道)や道道235号線(通称上幌内早来停車場線-厚真ダムに向かう道道)から延びる、行き止まりの町道(幌里本線)沿いで、町道に沿って知決辺川(ちけっぺがわ)が流れ、一般民家も点在している。

付近は狩猟が可能な区域であったが、人や車が行き来する公道上からの発砲は銃刀法により禁止されている。

同署は、新渡戸さんの体を貫通したライフル銃の弾頭の捜索に延べ2,000人を投入し、付近の土壌をスコップで掘り返し、ふるいに掛けるなどして捜索したが発見できず、弾頭の捜索は事件発生から9ヶ月後の同年11月に打ち切られた。

道内外の猟銃所持者約6,300人に聞き込みも行ったが、有力な情報は得られなかった。

同署は、現在も捜査を続けているが、未だ犯人逮捕には至っていない。

この事件の時効は、2021年2月4日(業務上過失致死罪の時効は10年)に迫っており、同署は、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

札幌方面 苫小牧警察署

電話:0144-35-0110

北海道警察本部

電話:011-251-0110

 

「犯人の情報」

・目撃されているのは2人で、2人ともオレンジ色の上衣(ジャンパー・チョッキなど)を着用していた

・青色・水色系のRV車に乗っていた

 

「現場の地図」

勇払郡厚真町銃弾死亡事件の現場地図
出典:苫小牧警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です